がん保険に加入して、もしもの事態に備えておこう

がん保険に加入して、もしもの事態に備えておこう

がん保険に加入して、もしもの事態に備えておこう 悪性新生物、いわゆる「がん」は、日本人の死亡原因の1位にあげられ、全体の約3割を占めています。一昔前まで、がんは総じて治せない病と認識されていたようですが、早期発見と医療技術の発展により、現在では治せるものもあります。しかし、治療のためにかかる費用は、本人にとっても家族にとっても大きな負担です。がんは医療保険の対象になっていますが、先進医療による治療費は高額になりがちなため、それだけではカバーしきれない部分がでてきます。そんなもしもの事態に備えるために「がん保険」はあります。

では、がん保険を選ぶときのポイントをいくつかご紹介します。

一つ目に、診断給付金の受け取りについてです。診断時1回に限るのか、再発した際に繰り返し給付があるのか、入院が必要か、等の違いがあります。
二つ目に、がんの治療に有効とされている先進医療費の保障についてです。先進医療の技術料は健康保険適用外ですので、特約などのオプションを調べておきましょう。
三つ目に、通院治療の保障について、入院を伴わなくても保障が受けられるか否かというところです。

以上のポイントを含め、がん保険はさまざまな種類がありますので、自分に合った内容を選んでみてください。また、がん保険の充実性は保険料にも反映されるため、そのことも考慮しましょう。キレイモキャンペーン

最新記事